媒体としての器 | ICHI MARU ICHI

1/2

媒体としての器

¥ 16,500 税込

SOLD OUT

¥ 20,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

飛騨春慶塗の文脈から生まれた器。
木地・アウトラインは漆芸家・田中瑛子氏のデザインで、薄い口あたりと、低重心でコロンとした果実のような手触りが特徴的です。

春慶塗の中間工程である「摺り漆」という手法を繰り返し、最後まで仕上げています。
重層的な透き漆の塗膜は見る角度によって色の深みが繊細に変化し、複雑で美しい立体感がお楽しみいただけます。

容量は200ml程度で、スープやコーヒーなどにちょうどいいサイズ感です。
木の椀は持ち手が熱くならず、また冷めにくいためゆったりと楽しめます。

これは作り手と使い手との媒体であり、記憶を記録する媒体であり、春慶塗という技術文化を保存するための媒体でもあります。
弊店まで直接お持ち込みいただければ、可能な限り無償にて修繕や塗り直しも賜ります。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 16,500 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品